枚方市(大阪)で不動産売却・査定を依頼するならこの会社!マンション・一戸建て・土地を売るのにおすすめ♪

不動産売却時にやっておきたい税金対策

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/02/03

不動産を所有しているときに不動産売却をすることがありますが、売却時に税金対策をしておく必要があるでしょう。不動産は高額な費用でやり取りするので、そのときに発生した利益には多くの税金を負担しなければいけません。そのため対策方法を理解しておけば、いざというときに役立つでしょう。不動産売却を検討している人は参考にしてみてください。

譲渡所得を小さくするのが大切になる

不動産売却をするときにできるだけ高値で売却したいと考えますが、譲渡所得が大きくなってしまうとそれだけ税負担も大きくなるので注意が必要です。不動産売却をするときに税金のことを最初から考えておかないと、想定外に多額の税金の負担を求められてしまうので、後悔してしまう可能性があるでしょう。

基本的に不動産売却には所得税と住民税の他に、復興特別所得税、印紙税、抵当権抹消の登録免許税が税金として発生してきます。そしてこれらの税金は、譲渡所得の大きさによって変動するので、譲渡所得がマイナスになった場合は税金も負担する必要がなくなります。

譲渡所得に税率を乗じることで正確な税金が算出されることになりますが、税率は不動産を所有していた期間で変動するので注意が必要です。売却する不動産を所有していた期間が5年以上であれば、長期譲渡所得に該当し、5年以下であれば短期譲渡所得になります。

所得税率も住民税率も短期の場合だと負担が大きくなるので、5年以上所有していた不動産を売却したほうが税金の負担が少ないといえるでしょう。2037年までは復興特別所得税を別途負担する必要がありますから、より所得税の部分で税金対策をしておく必要があります。3~4年程度所有している不動産を売却する場合は、5年以上になるまで少し待機してから不動産売却をしたほうが、税金対策を実現できるでしょう。枚方市で不動産売却を考えている場合は、サポートしてくれる不動産売却や査定会社が存在するので、そのようなところで相談するのも賢い方法です。

相続した不動産を売却する場合は相続税を意識する

不動産売却をする場合は、所有している不動産を手放すことになりますが、その不動産が相続したものであれば相続税を意識するのが大切です。相続した不動産には相続税を負担する必要があるので、ここでも税金対策をしておかないと、多くの税金を負担しないといけません。

相続税が発生してから3年以内に不動産売却をする場合は、税負担が軽くなる仕組みがありますから、この仕組みを利用すると比較的簡単に税金対策できるでしょう。譲渡所得税は5年以上保有した不動産のほうが長期譲渡所得になり、税負担が軽減されます。しかし、相続した不動産の場合は3年以内に売却してしまったほうが税負担を軽くできるでしょう。

不動産の売却価格から取得費や譲渡費用などに相続税額を加算させられるので、自然と譲渡所得を小さくできる仕組みです。この方法でも、税金対策が簡単にできます。枚方市の不動産売却会社の中には、相続した不動産を売却するときのサポートをしてくれるところも多く存在するので、プロの意見を聞きたい場合も安心です。

税金対策には特例を利用したり、税率の変動を上手く活用したりすることで、少しでも税金負担を軽減させることが大切でしょう。そのため、税金対策の知識がないと正確に対応するのは困難になります。枚方市で不動産を売却したいと考えている場合は、プロの力を借りておいたほうが、税率などの複雑な計算も任せられるので、スムーズに不動産売却を実現できるはずです。

不動産の種類によって特例が利用できる

所有している不動産にもさまざまな種類があり、農地を売却したいと考えている場合は、一定の条件を満たすことで特例措置を利用できます。特例措置を利用できると税負担が大きく軽減されるので、しっかりと税金対策を実現することが可能でしょう。農地利用目的の譲渡の特例を利用することで、800~1500万の控除を受けることができます。800万と1500万では条件に違いがあり、それぞれの条件をクリアした場合のみ控除を受けられるのです。

特例は他にもあり、10年以上所有している不動産を売却する場合は軽減税率を適用されることがあるので、軽減税率を活用するのも賢い税金対策でしょう。軽減税率が適用されるために条件があり、居住用の不動産に住まなくなってから3年以内に売却し、売主と買主が親子などの関係性が近くないことが求められます。条件をクリアすると長期譲渡所得の税率よりも低い税率になるので、より効果的な税金対策が可能です。

枚方市の不動産売却会社を利用すれば、農地などの不動産を売却するときの特例や10年以上所有している不動産で利用できる軽減税率についても、サポートしてくれるでしょう。枚方市の不動産売却会社の多くは、簡易査定や訪問査定を無料で対応しています。さらに、無料で相談できるところも多いので、安心して税金対策などの悩みを聞いてもらえて便利でしょう。

 

不動産売却で手元に資金を多く残すには、税金対策を行う必要があります。譲渡所得を小さくするために工夫をしたり、相続税の特例を活用したりすることでも対策は可能です。農地の売却にも特例はありますし、10年以上所有している不動産には軽減税率が適用されるケースもあるので、対策する方法は豊富にあります。枚方市の不動産売却会社を利用すれば、税金対策のサポートも受けられるので知識不足の人でも安心です。

不動産売却会社人気比較ランキング

商品画像
商品名福屋不動産販売住友不動産販売フロンティア不動産販売トラスティ飛鳥ハウスゲート
不動産売却センター
売却方法仲介・買取仲介仲介・リースバック仲介・買取仲介・買取・リースバック
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧