枚方市(大阪)で不動産売却・査定を依頼するならこの会社!マンション・一戸建て・土地を売るのにおすすめ♪

不動産売却の際にかかってくるさまざまな費用

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/26

枚方市で不動産売却をする時には、売却益を想定して動くでしょう。しかし一方で、出ていくお金があることも考えなければいけません。これがいわゆる不動産売却にかかる費用と呼ばれるものです。この費用には、いくつかの種類があります。枚方市で不動産売却をする前にどのような費用がかかるか、事前に確認をしておけば安心して取引ができます。

一番大きな支払いが仲介手数料になる

枚方市で不動産売却をするときにかかる費用の一つには、仲介手数料と呼ばれるものがあります。費用全体の中で一番負担が大きいのはこの仲介手数料です。仲介手数料とは、不動産会社に支払う費用と考えてよいでしょう。不動産会社は、売主と買主の間に入ってくれるため、売買がよりスムーズに行われることになるわけです。

もし不動産会社がいなければ、売却する方はなかなか買主を見つけることができません。そして、買主を見つけるためには宣伝をしなければなりませんが、これも大きな負担になります。自分で宣伝をして買主を見つけるぐらいならば、初めから不動産会社に仲介手数料を払って不動産売却をした方が何倍も賢いといえます。

仲介手数料は、法律上定められていますが、これは手数料の上限が定められているだけです。法律で定められている上限とは、売買価格の3%+60,000円+消費税です。それが上限となっており、勝手に売買価格の4%に手数料を設定することはできません。逆に売買価格の3%未満にすることは、問題ないとされています。

この仲介手数料を支払うタイミングは、買主と売買契約を結んだ時です。この時半分だけを支払うのが基本です。残りの半分は物件を買い手に引き渡した時に支払うことになります。ただ、これは法律で決まっているわけではなく、古くからの慣習としてそのように行われているだけで、売買契約を結んだ時に全額支払っても問題ありません。

知っておきたい印紙税とはどのようなものか

枚方市で不動産売却をするときには、仲介手数料以外にも印紙税と呼ばれるものを支払う決まりがあります。税金は消費税と印紙税以外にはほとんどかからないといえるでしょう。印紙税自体は、売買契約書に貼る印紙のことを意味しています。金額によっていくらの印紙を貼るが異なりますが、住宅の場合概ねどれぐらいの金額になるかは決まっているといえるでしょう。もし住宅の金額が5,00万1円から1,000万円の場合には、5,000円の印紙税で済ませることができます。

一方で、売却金額が1,000万1円以上で5,000万円以下だった場合には印紙税が10,000円となり、若干負担が大きくなります。豪邸などを所有していて、売却価格が5,000万1円以上で1億円以下の場合には、30,000円の印紙税が必要になります。このように考えれば、仲介手数料に比べると随分と負担する金額が小さいことがわかるはずです。

この印紙税は、売主保管用と買主保管用の2種類を用意しなければいけません。売主が両方の印紙税を負担するかといえばそのようなことはなく、半分は売主が負担して半分は買主が負担する形になります。間違えやすいのは、不動産会社と仲介契約を結ぶときに必要な媒介契約書には、印紙税がかからないことです。あくまで、売買契約書にかかるのが印紙税の特徴です。

不動産登記に関する費用も知っておく

住宅を売買する場合には、登記の変更が必要になります。登記とは、第三者に対する対抗要件でその登記をしていなければ第三者がある日「その土地は自分の土地だ」と主張してきた場合、買主は第三者に対抗できません。つまり、買主は自分がお金を払って手に入れた不動産でありながら、所有権を主張できなくなってしまい、裁判などで争わなければならなくなります。そのような意味において、登記はとても重要な役割を果たすことが理解できるはずです。

ただ、登記をするといっても所有権移転登記の場合には、買主側が登記費用を負担するため売主側はとくに何も負担する必要はありません。買主側が負担する金額は20万円から30万円程度になります。売主が負担する登記費用は、抵当権抹消登記と呼ばれるものです。抵当権が付いている物件とは、住宅ローンを組んでいる物件のことです。

住宅ローンを組んでいないか、あるいは住宅ローンを組んでいたけども、そもそも返済を終えている場合には、抵当権抹消登記の必要はありません。抵当権抹消登記にかかる費用は、10,000円から30,000円程度のため、そこまで負担が大きくなるわけではありません。登記費用以外にも、建物を壊す場合には建物の解体費用がかかります。それ以外にも、建物はそのままにして引き渡すならば、1度部屋をきれいにしなければならないため、ハウスクリーニング費用がかかります。

 

枚方市で不動産売却をする場合、まず大きな費用としては仲介手数料が考えられます。仲介手数料は、物件の3%+60,000円+消費税です。それ以外には印紙税や、住宅ローンを組んでいる場合には所有権抹消登記が必要です。所有権抹消登記の費用は、2万円から3万円程度になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【枚方市】おすすめ不動産売却・査定会社の口コミや評判