枚方市(大阪)で不動産売却・査定を依頼するならこの会社!マンション・一戸建て・土地を売るのにおすすめ♪

不動産売却にかかる仲介手数料の負担軽減のやり方

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/28

ここでは、不動産売却にかかる仲介手数料の負担軽減のやり方を説明します。枚方で不動産売却をするときには、仲介手数料が必要です。仲介手数料とは、物件の買い手を見つけてくれた業者に支払うもので売り上げの3%に6万円を加えた金額です。3,000万円の物件を売却したなら15万円となります。ここでは仲介手数料についても説明していきます。

枚方の不動産売却で仲介手数料の負担軽減をするには?

枚方の不動産売却で仲介手数料の負担軽減をするには、どうすればよいでしょうか。まず、仲介手数料は売り手と買い手の両方からもらいます。これを軽減するには、不動産業者に手数料を割り引いてもらいます。

たとえば、売り手のみ手数料をもらって、もう片方は不動産業者が負担するやり方です。それで商売が成り立つのか不思議ですが、仲介手数料が無料の不動産業者もあるようです。ですので、自分から進んで軽減をお願いするというよりは、不動産業者の方針によっても変わってくるのではないでしょうか。

無理にまけさせるのも不自然ですし、賃貸でも敷金礼金を値切る人はいないですよね。 不動産業者も手数料で商売が成り立っている部分があるので、無理に値引きを希望するのはあまりおすすめしません。まずは、インターネットなどで不動産売却について詳しく勉強してから相談しましょう。

確かに、その後の引っ越しなどの費用を考えたら、手数料を割り引いてもらった方がお得にはなりますが、買い取り価格の3%+6万円なら微々たるものです。そこは、あまりこだわらずに、まずはしっかりとした不動産業者を探してよい取引をするように心がけましょう。

業者も不動産の査定から、売買広告の作成など引っ越し間での間にはさまざまな取引をしなければなりません。売り手と買い手によい取引をしてもらうために動いてくれているので、仲介手数料は当然くらいに考えておくとよいでしょう。

枚方で不動産売却をするには?仲介手数料は?

不動産売却とはどういう手順で行われるのでしょうか?まずは、不動産業者に相談に行き、査定などを行ってもらいます。最初は不動産業者へ連絡をするのは不安もあるでしょうが、思い切って相談してみましょう。大手や中小などあるかもしれませんが、口コミなどを確認してもいいですし、買い取り実績などを公表していればそれを参考にすることもできます。

次に物件の調査と査定を行います。現地調査が終わったら法務局や区役所などで法令等を調べます。次に売却価格の提示です。基本的にはお客の希望どおりの価格を提示するのですが、現状の不動産市場を加味した上で、約3ヶ月ほどの期間で価格を提示されます。価格が決まったら契約書にサインして、契約を締結します。

次に不動産業者が図面を作成して、販売用の広告図面にします。この図面が顧客が最初に目にするものなので、第一印象をよくする必要があります。そして、その広告図面をインターネットや不動産屋の得意先や得意先の友人知人などにも紹介します。

このようにして紹介し、希望者が出れば一週間程度で内覧を行います。この時、希望者だけで見学することはないので心配しないでください。話を進めていくうちにお客から購入申込書が提示されます。ここで売買日時や価格等を確認して、希望に合えば契約に進みます。手数料なども契約後に支払うことになります。

仲介手数料の負担軽減は本当にできる?

最近は、中古車からウェディング、そして不動産販売まで何でも比較検索サイトというものが出現してきました。仏壇などニッチな分野でも全国的なネットワークで比較検討でき、実際の店舗で確認できます。そうすることによって、実際の現物を確認しつつネットで購入し、配送などもすべておまかせできるのでユーザーは楽をして本当に気に入った商品を買う事ができます。

この方法は不動産のような物件から他の品物でもすべて同じだと思います。日用品などは実際に確認する前に購入することもありますが、それ以外の高価な品なら実際に確認することになるはずです。この物件の仲介手数料にしても枚方地域で検索して、その相場を調べて不動産屋探しから始まります。

しかし、仲介手数料というのは一定の数値が決まっていますので、基本的には同額と考えた方がよいでしょう。中には、仲介手数料を折半してくれる業者もありますが、他のサービスの面であまり親切でないということもありそうです。そこは一長一短で、正規の販売手数料を払うことにより、他の手続きのサービス等もしっかりとしているのならそれに越したことはありません。

ましてや、クルマの車検のように簡単な査定で住む訳でなく、より専門的・法的知識に基づいて検査・査定するのですから、しっかりとした不動産業者を選びたいものです。そのため、手数料の負担軽減を考えるよりも、より高く買ってもらう工夫などをして得をした方が賢明でしょう。

 

この記事では、不動産売却にかかる仲介手数料の負担軽減のやり方を紹介してきました。実査に金額を見るとそこまで高額でもないのが分かります。それよりも、このご時世では物件や地域によってはなかなか売却まで進まないケースも多いです。そのため、それに特化した不動産屋にも相談してみることがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索